吉田矯正歯科クリニック 医院案内 お問合せ アクセス 院長紹介 矯正歯科認定医
矯正治療の進め方
矯正治療の基礎
矯正治療の使用装置
目立たない矯正治療
矯正治療の費用
治療例
矯正歯科認定医
床矯正
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)
Q&A
ホワイトニング
ホワイトニングQ&A
アクセス
医院案内
院長紹介
歯科矯正コース
リンク集
お問合せ

Q&A

Q 子供の歯並びが心配です。矯正にはいつ頃かかったらいいですか?
A 最も適した治療の時期というのは患者さんによって異なります。
通常、永久歯が交換してから (10歳〜)矯正装置をつけ治療しますが、乳歯列期(4歳〜6歳)でも治療を行わないといけない患者さんもいます。
奥歯のかみ合わせが非対称で、下あごが左右どちらかにずれている子供さんは、 早めに矯正の専門医を受診してチェックを受けられるのが一番安心だと思われます。

Q 矯正の治療期間はどのくらいかかりますか?
A 永久歯の矯正治療の平均的な動的治療期間は約2年間ですが、凸凹の程度や患者さんの年齢、 不正咬合の程度等によって異なります。
早い人では1年位で終わる人もいますが、まれに3年位かかる人もいます。 また、治療後に歯並びをきれいな状態に保つために、1〜数年間、安定させる装置を使用する必要があります。
患者さんの歯並びの状態により治療期間が変わってきますので、一度相談に来られたらいかがでしょうか。
尚、当院では矯正に関する相談は「無料です」ので、お気軽にお問合せください。


Q 矯正の費用はどのくらい必要ですか?
A 矯正治療は保険がきかないため、矯正費用は医院によってまちまちです。
当医院では、初診・相談料は無料で行っています。
検査・診断料が52,500円、 矯正料金は、簡単な小矯正は5〜20万円。本格矯正は約70万円〜、毎月の調整料が1,000〜5,000円です。
また、矯正装置が全く人目にふれないよう、歯の裏側から治療する方法は、トータルで80〜100万円ほどかかります。 正確には検査結果をもとに、治療期間や使用する装置、治療の難易度等によって矯正費はかわってきます。
初診・相談料は無料で行っていますので、一度御相談下さい。

Q 子供の歯が、がちゃがちゃですが、歯を抜かなければいけませんか?
A 乳歯の歯並びは良かったのに、永久歯が交換すると、前歯ががちゃがちゃになってくる子供がふえています。
顎の大きさが小さくなり、永久歯がはえる場所がなくなっているからなのです。
歯を抜かないで治療できる場合もありますが、 必ずしも抜かずに治すのが良いとは限りません。
もちろん、当医院ではなるべく抜かない方向で治療を行っていますが、 本来は歯を抜いて治すべき状態であるのに、無理に歯を抜かずに治療したために、治療後の安定が悪くなったり、 出っ歯ぎみになってしまうことがあります。
早く矯正治療を始めれば抜かずに治せる場合もありますので、 一度、当医院に来院し、相談をして下さい。

Q 大人でも矯正治療は可能でしょうか?
A 矯正は、基本的には年齢制限はありません。現在、当医院で治療中の患者さんの約半数は成人の方です。60代の方も矯正治療を行いました。
ただ、年齢が増すと、歯が少なくなっていたり、歯の修復物が多くなったり、また歯槽のうろうぎみになります。
その患者さんの口の中の状態により、矯正治療のできること、できないことがありますので、専門医に相談されることをお勧めします。

Q 目立つ金属の矯正装置が、気になっているのですが、あまり目立たない装置はないでしょうか?
A 通常矯正治療は、歯の表面に金属のブラケットとよばれる矯正装置を接着剤でひっつけ、はりがねをその装置に装着し、歯を移動します。
日本においても矯正治療は一般化し、歯の表面に金属の装置をつけている人も多く見られるようになりました。しかしなるべく見えないように、治療して欲しいという人は、セラミックという、陶器でできた白い装置を使用し治療しています。
ただ歯の外側に、装置を着けますので、全く見えないというわけではありません。
完全に見えない装置が希望の方は、歯の裏に装置をつける、リンガル矯正治療があり、本医院でも行っています。
歯の裏側からの矯正治療は、大変高度な技術と通常の矯正とは違った知識を必要とします。
外側の治療と全く遜色ない良好な治療結果が得られているだけでなく、 治療期間も外側の治療と同じ期間で終了していますので御安心下さい。
ただ、かみ合わせによっては裏からの治療ができない場合もありますので、一度御相談下さい。
詳しくはこちらをご覧ください
copyright(C) 2004-2017 yoshida orthodontic office All Right Reserved