吉田矯正歯科クリニック 医院案内 お問合せ アクセス 院長紹介 矯正歯科認定医
矯正治療の進め方
矯正治療の基礎
矯正治療の使用装置
目立たない矯正治療
矯正治療の費用
治療例
矯正歯科認定医
床矯正
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)
Q&A
ホワイトニング
ホワイトニングQ&A
アクセス
医院案内
院長紹介
歯科矯正コース
リンク集
お問合せ

当院へのアクセス


■Q&A

:漂白後の効果はどのくらい持続しますか?
;一般的に3から5年は効果が持続しますし、元の色に戻ってしまうことは決してありません。漂白効果の持続は飲食、喫煙や歯磨きの仕方によって違いがあります

:詰め物や白い色のかぶせも白くなりますか?
:充填物や前装冠を白くすることは出来ません。ホワイトニング終了後、新しい色に合わせるため、再治療が必要になるこがあります。

:歯や体に悪い影響や副作用はありますか?
:適正な使用のもとでは、歯および人体に悪影響はありません。
しかし、一時的に冷たいものや厚いものが歯にしみる(知覚過敏)ことやジェルをつけすぎた場合には歯茎に炎症を起こすことがあります。

:通販や市販の「歯を白くする製品」とはどこがちがうのですか?
:個々の歯形に合わせて作られたオーダーメードのトレーを使い専門医が治療いたしますので、有害な酸や研磨剤を含んでいる製品もある一般市販品とはちがい、安全です。


安全性について
:漂白ジェルの主成分は過酸化尿素ですが、安全性に問題はありません。



より白い歯のために
コーヒー、紅茶、タバコ、濃い色の清涼飲料、これらは全て歯を変色させます。しかし、飲用後すぐに歯磨きをすればエナメル質への色素の浸透を防げます。

安全のために

  1.  :もし、ジェルが目に入った場合は、やさしく5分間冷水で洗い流した後、医師の診察を受けてください。
  2.  :多量のジェルや歯磨きを飲み込むと、胃の不調や下痢を伴う場合があります。飲みこんだ場合は医師の診察を受けてください
  3. 衣服:衣服に付着した場合は直ちにぬるま湯で洗ってください。
  4. 他 :漂白ジェルは子供の手の届かない場所に保管してください。



copyright(C) 2004-2017 yoshida orthodontic office All Right Reserved